ハワイ島

閉鎖されていたハワイ島の火山国立公園のトレイルと道路が再開

閉鎖されていたハワイ島の火山国立公園のトレイルと道路が再開

【2019年2月21日更新】
ハワイ島の火山国立公園でカウ・デザート・トレイル(Kau Desert Trail)の2つのコースと、マウナロアロードが再開しました。
2018年の噴火により地震は6万回以上観測され、ツアーに組み込まれることが多いジャガー・ミュージアム(Jaggar Museum)は再開の目処が立たず、サーストン・ラヴァチューブ(Thurston Lava Tube)やキラウエア・イキ・トレイル(Kīlauea Iki Trail)も閉鎖されたままとなっています。

ハワイ島に旅行予定の方は念のため情報に注意です

2018年5月3日に発生したハワイ島キラウエア火山の噴火は勢いが衰えず、プナ地区にあるレイラニエステートという住宅地では被害が拡大。現地メディアは、700以上もの家屋が溶岩に飲み込まれたりダメージを受けているレポートしています。
1983年以来噴火を続けるキラウエア火山ですが、2014年にもパホアの住宅地に溶岩が流れ込んだことがありました。

コナ国際空港やヒロ空港は通常通り使用可能で、ホテルが集う観光エリアのワイコロアやコナは噴火の影響はありません。念のため、旅行を予定されている方は、ぜひ旅行会社や下記ウェブサイトで最新の情報をチェックしてください。

ハワイ州観光局
www.allhawaii.jp

ハワイ郡庁(英語)
www.hawaiicounty.gov

国立公園サービス(英語)
www.nps.gov/havo/index.htm