ハワイ島

カメハメハ大王が建てたプウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園の厳かな空気

カメハメハ大王が建てたプウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園の厳かな空気

カメハメハ大王がお告げを受けて1790年に建てたと言われるプウコホラ・ヘイアウ。プウコホラとは「クジラの丘」の意味で、現在は国立歴史公園として残っています。

公園と言いながらも、厳かな空気が辺りに立ち込めていて、背筋を伸ばして訪れたくなります。カメハメハ大王はどんな人だったのか、このヘイアウとは何のために作られたのでしょうか?

カメハメハ大王(カメハメハ1世)って?

カメハメハ大王が建てたプウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園の厳かな空気

カメハメハ大王(カメハメハ1世)は1758年ごろハワイ島のカパアウ(ノースコハラのエリア)で生まれたとされていて、1810年にハワイ諸島を統一しハワイ王国を建国しました。カメハメハはハワイ語で「孤独な人」という意味がありますが、そのイメージとは反対に体がとても大きかったそうです。

コナ国際空港近くの道路の名前にもなっている、カアフマヌと結婚しましたが子どもができずに、他の女性との間にリホリホ(カメハメハ2世)という息子がいます。

ハワイ統一をしてから9年後の1819年に死去。遺体はどこかに隠されているためお墓がどこにあるか分からないそうです。

ハワイ島ハヴィに近いカパアウのカメハメハ大王の像とカメハメハ大王の誕生を祝うイベント

ハワイ統一を成功させるために建てたヘイアウ

カメハメハ大王が建てたプウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園の厳かな空気

「ヘイアウを建てたらハワイ統一ができる」というお告げを受け、実行したところ本当にハワイをひとつにまとめたという話が残っています。願掛け、だったのでしょうか。ヘイアウとは日本で言えば神社仏閣のような役割を担う場所。当時のハワイでは神殿として、癒しや豊穣、戦いのために機能していました。

余談ですが、ヘイアウはパワースポットと言われていますが、ぞっとするようなストーリーを持ったところもあるのでご注意を…。

カメハメハ大王が建てたプウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園の厳かな空気

公園は広大で、櫓もあり、その向こうにはものすごい濃い色の海!ハワイ島はオアフ島とはまた違う、キリッとした雰囲気を持つところが多いのですが、プウコホラ・ヘイアウはものすごいエネルギーを感じました(気のせいか?)。ハワイの歴史に興味があるならぜひ。ビジターセンターにはトイレもあります。

プウコホラ・ヘイアウ国立歴史公園(Pu’ukohola Heiau National Historic Site)

住所
62-3601 Kawaihae Rd, Waimea, HI 96743
入場料
無料
アクセス
コナ国際空港から車で約35分、ワイコロアから約20分。クイーン・カアフマヌ・ハイウェイ(19号線)を北上し、分岐するところで左のカヴァイハエ・ロード(270号線)へ。すぐ国立歴史公園の茶色の看板が出て来るので左折して公園に進みます。