ニュース

【11/7更新】ハワイ島マウナケア山での30メートル望遠鏡(TMT)建設スタートに反対派が逮捕、支持者が減少

【11/7更新】ハワイ島マウナケア山での30メートル望遠鏡(TMT)建設スタートに反対派が逮捕、支持者が減少

ハワイ州運輸省は、7月15日からハワイ島マウナケア山頂にて30メートルの超大型望遠鏡(TMT)の建設を開始すると声明を発表しましたが、ハワイアンの強い反対運動が起こり延期となりました。

▼2019年11月7日(木)
TMT建設の抗議が始まって115日ほど経過しましたが、これまでに対応のため約1100万ドルを費やしていることが判明しました。
そのうち約500万ドルがハワイ島の法執行機関、200万ドル以上がハワイ州警備隊に使用されていて、現在も解決策がないまま建設はストップしたままです。

TMT建設に反対するデモ活動、あのハリウッド俳優も支援

ハワイ島のマウナケア山頂に作られる予定の口径30mもの大型望遠鏡TMTは、観測天文学と天体物理学の研究に貢献するとされますが、マウナケア山はハワイの人たちにとって神聖な場所なことから、2014年に大きな抗議活動が起こり計画が難航。

2019年6月20日にハワイ国土天然資源省が建設着工を許可したため、ついに工事が始まることになりました。

反対派の地元住民たちは、マウナケア・アクセス・ロードに工事機材が持ち込まれないよう、体を張ってデモ活動を行っています。
しかしこういったデモが予測されたためか、工事初日には現地に重機は届きませんでした。

ハワイ島には、オアフ島ホノルル警察で選出されたオフィサーも、安全に工事機材を運搬できるよう支援に加わることになっていますが、セキュリティ上の理由から、支援人数やスケジュールは公表されていません。

TMT建設の抗議活動を支持する、アクアマンを演じたハワイ出身のハリウッド俳優ジェイソン・モモア(Jason Momoa)さんはインスタグラムに
「I’m so sorry I can’t be there right now.(マウナケアにいられなくてごめんなさい)」と投稿しています。

ビッグアイランドという愛称を持つハワイ島は自然いっぱいで一度は訪れたいネイバーアイランド 羽田からはハワイアン航空が、成田からはJALがそれぞれコナまで直行便を飛ばしている注目のネイバーアイランドといえば、ハワイ島。ハワイ...

TMT建設開始が発表されてからこれまでの動き

▼2019年7月18日(木)
ハワイでTMT建設開始予定日から3日達、道路をふさいでデモ活動をしていた地元住民たちが逮捕されました。正確な人数は不明ですが、30人以上にのぼると見られます。
それを受けて、オアフ島マノアのハワイ大学(UH)には100人以上の人が集まり抗議しています。

▼2019年7月19日(金)
ハワイでTMT建設の反対派が妨害行為で34人が逮捕。これを受けてデービッド・イゲ(David Ige)ハワイ州知事は非常事態宣言を出しました。
ハワイ島マウナケア周辺にはさらに多くの警察官が投入される予定となっています。

▼2019年7月21日(日)
ハワイ州議会上院議員でハワイアンの血を引くカイアリイ・カヘレ(Kaiali’i Kahele)氏は、デービッド・イゲ(David Ige)ハワイ州知事にTMT建設を60日遅らせるように求めました。米国下院議員のトゥルシー・ギャバード(Tulsi Gabbard)氏も「州知事が発令した非常事態宣言を撤回し、ハワイ住民と最善の道を見つけてください」とコメント。
TMTに対する抗議活動はハワイのみならず、ロサンゼルスやラスベガス、アラスカなどアメリカ本土にも広がっています。

▼2019年7月23日(火)
ジョシュ・グリーン(Josh Green)ハワイ州副知事がマウナケア山を訪問。医師でもあるグリーン氏は、医療品を運び反対派の住民と話をしました。
TMT国立天文台の広報は「マウナケア山は誰にとっても特別な場所なので、天然資源を保護していきます。望遠鏡はマウナケアの神聖なエリアの近くには建ちません。日の出や日の入りを邪魔することなく、ハワイ先住民と文化を尊重し活動時間も最小限になるでしょう。」とコメント。

▼2019年7月24日(水)
ハワイ時間7月23日、TMT建設のデモから1週間以上経過して初めてデービッド・イゲ(David Ige)ハワイ州知事がマウナケア山を訪問。
午後5時30分過ぎにハリー・キム(Harry Kim)ハワイ郡長とともにマウナケアを訪れ、反対派の住民からあたたかく迎えられました。

▼2019年7月28日(日)
ハワイ時間7月24日、映画『ワイルド・スピード』シリーズに出演しているハリウッド俳優、ザ・ロック(The Rock)と親しまれているドウェイン・ジョンソン(Dwayne Johnson)さんがマウナケアを電撃訪問し、反対派と話し合いました。
その後「科学の発展を支持するが、人々を傷つける価値はない」とインスタグラムに投稿し、賛同のコメントが寄せられています。
ドウェインさんは母方のおじいさまがサモア人とのこと。

▼2019年7月31日(水)
イゲ知事は、非常事態宣言を撤回しました。理由は「近いうちに工事機材の搬入はないため」とのことです。
また、ハワイのオアフ島出身歌手、ジャック・ジョンソン(Jack Johnson)さんがマウナケア山を訪れ、ライブを行いました。

▼2019年8月2日(金)
レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さんやブルーノ・マーズ(Bruno Mars)さんも反対派を擁護するインスタグラムにコメントを投稿。
ハワイ島以外の候補地はスペイン領カナリア諸島ですが、今回の騒動を受けてスペインはTMT建設の手助けをしたいとコメントしています。

また、マウナケア山の天文台管区を管理するハワイ大学は、建設開始を2021年まで延長することが国土天然資源省に承認されました。

▼2019年8月10日(土)
TMT建設の反対運動のため封鎖されたままのマウナケア・アクセス・ロード。ハワイ州は、道路を使えるよう、また中止を余儀なくされていた既存の望遠鏡での作業再開にむけて動き始め、カリフォルニアにあるTMT国際天文台の担当者は、建設によってハワイの給水に影響を与えることも、聖地を壊すこともないとコメントを発表しました。

▼2019年8月17日(土)
ハワイ出身のハリウッド俳優ジェイソン・モモア(Jason Momoa)さんは、自身の制作会社On The Roamでマウナケア反対派のドキュメンタリーショートフィルムを制作し、YouTubeに投稿しました。

▼2019年8月20日(日)
ハワイ出身の女優で歌手のニコール・シャージンガー(Nicole Scherzinger)さんがマウナケアを訪問。山を守ろうとするクプナ(kupuna、年配者)に歓迎され、オリジナルの歌を捧げたとのことです。
プッシーキャット・ドールズのリードシンガーを担当するニコールさんはハワイアンで「私はハワイアンなので、この件に責任があります」とコメントしています。

▼2019年8月30日(金)
ハリー・キム(Harry Kim)ハワイ郡長は、TMT建設開始予定日前に、工事を延期するようデービッド・イゲ(David Ige)ハワイ州知事に手紙を送っていたことが明らかになりましたが、イゲ知事がこの嘆願を拒否したことについて弁明。
「手紙を受け取ったタイミングで建設を回避するのは難しかったので、キム郡長にそう伝えた。今後の予定についても話し合いをしている。」とのことです。

▼2019年9月7日(土)
反対派はマウナケア・アクセス・ロードの近くに「学習センター」と呼ばれる小屋を建てましたが、許可なく建設されておらず建築基準も満たしていないことから、取り壊しとなりました。
その際、取り壊し作業を妨害したとして2人が逮捕されました。

▼2019年9月10日(火)
ハワイの歴史や文化を継承する団体「ロイヤル・オーダー・オブ・カメハメハ」とマウナケアを守る人々によって設立されたプウホヌア・プウフルフル(Pu’uhonua o Pu’uhuluhulu)は9月6日、ソーシャルメディアに「警報!緊急です」との見出しで「月曜日に政府側がTMT建設に向けて反対派排除に動き出すといくつかの情報源から情報を得た」と投稿しました。

実際、月曜日には何も起こらず、ハワイの自然などを保護するカナカ・レンジャーのメンバーはハワイのテレビ局KITVの取材に応じ「ソーシャルメディアには誤報もあるので、すぐに飛びつかないようにしてほしい」とコメントしました。

▼2019年9月21日(土)
デービッド・イゲハワイ州知事は、州政府のニュースレターでTMT建設の問題について返答したので、一部抜粋します。

Q. この問題を平和的に解決するためにどのような考えがありますか?

A. 最近の調査で、ハワイの多くの人は、州やアメリカに利益をもたらす30m望遠鏡について支持していることが分かりました。建設が承認されている以上、知事として遂行しなければいけません。TMTの移転も考慮しつつ、反対派の人にも働きかけてよりよい未来を実現します。

Q. 現在の論争について懸念している点は何でしょうか?

A. 反対活動派が協力しない場合は、選択肢が少なくなり法を執行しなければなりません。真実ではない噂が広まっているので、きちんとした事実に基づいた情報を提供していきます。

また、TMT建設の反対行為で逮捕された合計38人のうち、27人が法廷に立ち、政府の妨害について無罪を主張しました。すでに他の9人は出廷し、10月18日に残る2人の裁判が行われます。

▼2019年9月28日(土)
ホノルル・スター・アドバイザー(Honolulu Star Advertiser)の最新の世論調査で、TMT建設の支持率が27%低下。調査の対象は800人のハワイ有権者と400人のハワイアンで、デービッド・イゲハワイ州知事の評価も低くなっています。

参照:KITV、Hawaii News Now

こちらもオススメ!