カルチャー

メレ・カリキマカ(Mele Kalikimaka)の意味とハワイのクリスマスについて:簡単ハワイ語講座

メレ・カリキマカ(Mele Kalikimaka)の意味とハワイのクリスマスについて:簡単ハワイ語講座

ハワイ(というかアメリカ)では、サンクスギビングが終わると次はクリスマスと、ホリデーモード全開の季節です。
最近ではこの季節の挨拶は「Merry Christmas」と言わず、宗教を問わない「Happy Holiday」が多くなっていますが、ハワイでクリスマスの挨拶といったらこれでしょう。

クリスマスにはメレ・カリキマカと挨拶しよう!

メレ・カリキマカ(Mele Kalikimaka)の意味とハワイのクリスマスについて:簡単ハワイ語講座2

簡単ハワイ語講座の2回目はクリスマスの挨拶、「メレ・カリキマカ」です。

「メレ・カリキマカ」の意味は「メリークリスマス」、ハワイ語では「Mele Kalikimaka」と書きます。
Mele=Merry、Kalikimaka =Christmas で、メレ・カリキマカです。
英語の音をハワイ語に変換しているので、割と覚えやすいのではないでしょうか。

カマアイナ(kamaʻāina)の意味とハワイ住民が得をするカマアイナレート:簡単ハワイ語講座
カマアイナ(kamaʻāina)の意味とハワイ住民が得をするカマアイナレート:簡単ハワイ語講座 ハワイに住んでいて見たり聞いたりしたハワイ語講座をスタートしました! 第1回目の言葉は「カマアイナ」、ついでにハワイ住民が嬉しいあ...

ハワイのクリスマスの食事と見どころはもちろんシャカ・サンタ

メレ・カリキマカ(Mele Kalikimaka)の意味とハワイのクリスマスについて:簡単ハワイ語講座

さて、ハワイのクリスマスはどんな食事をするのでしょう。
日本ではオードブルやケンタッキーのフライドチキンにクリスマスケーキが一般的(?)ですが、ハワイではサンクスギビングと同じようにロースト・ターキーを食べたり、チキンやハムを焼いたりして、家族で過ごすのが一般的です。
アメリカ本土と違うのは、ローカルの家庭ではここにポケなんかもサーブされたりすることですかねぇ。

日本のようなきらびやかななイルミネーションはありませんが、ハワイのクリスマスと言ったらやっぱり、ホノルル市庁舎のアロハサンタでしょう。上の写真、左のサンタクロースがシャカ・サンタ(Shaka Santa)、右の奥さん(なのかな?)がトゥトゥ・メレ(Tutu Mele)です。

アウトリガーホテルでは、現地時間2018年12月8日(土)に毎年恒例の人気のイベント、「サンタ・アライブス・バイ・カヌー(Santa Arrives by Canoe)」が行われます。
サンタクロースが海からカヌーでやってくるのですが、さすが南国のハワイって感じですよね〜。

ちなみにクリスマスは、ワイキキを離れると休みとなるお店やレストランが多いので、お出かけの際は前もってご確認ください。

それでは楽しいクリスマスを、Mele Kalikimaka!

こちらもオススメ!