カルチャー

フラを辞めたいなら早く行動しよう!私がフラを辞めた理由とそれからの人生とは

フラを辞めたいなら早く行動しよう!私がフラを辞めた理由とそれからの人生とは

突然ですが、フラ(フラダンスのこと)を辞めたいけど決心できない!って悩んでいませんか?
知り合いが「フラ辞めようと思うんだけど、先生になかなか切り出せなくてね…」と言っていて、私も同じことを経験したし「フラダンス 辞めたい」というキーワードでよくweb検索したなーと思い出したので(笑)、もしかしたらそういう人は多いのでは?とフラを辞めるまでの経緯とそれからについて綴ってみることにしました。

フラが一番で何もかも楽しかった時期

もう踊らなくなって何年も経ちますが、日本で6年くらいフラを習っていました。
始めたきっかけは、運動不足解消とハワイを毎日感じていたかったから。
ちょうど家の近くにハラウ(教室)があったので見学に行き即入会したのです。懐かしいなぁ〜。

それまで数回、ハワイで日本人が無料で教えているレッスンに通ったり、スポームジムのプログラムに何度か参加したことがあったものの、本格的に習ったのは初めて。
初心者クラスで必死にカホロやカオ、アミなどのベーシックステップを体に染み込ませ、1曲踊れるようになったときは感無量でした。

入会して半年ほどでホイケ(発表会)があって、緊張しつつもステージで踊る楽しさを覚えました。膝が痛くなるほど練習した成果もあってか(?)クラスが上がり、多くのイベントに出させてもらえるようになって、ついにはレストランなどでのショー出演も果たしました。
この頃は何よりもフラが一番で、仕事よりも友達と遊ぶことよりも優先順位が高くて、また先生の人柄も良く、フラシスターも優しくてみんなと過ごす時間がとても楽しかったですね。

フラが上達しないから辞めたい時の解決法とモチベーションアップについて フラ、楽しんでいますか?なかなか上達しないから辞めたくなっちゃいましたか? いえいえ、もう少し頑張ってみてください。習い始めて...

フラを辞めた方理由はお金と時間

フラを辞めたいなら早く行動しよう!私がフラを辞めた理由とそれからの人生とは

それなのに何で辞めるに至ったのか?
単純に「お金と時間を他に使いたくなった」というのが理由です。

転職して外資の会社で働くようになったので、アメリカ本社とのミーティングがあると朝早く都内のオフィスに行かなければなりません。なので早く寝たかったのですが、レッスン後やショー出演が終わっても先生やフラシスターと反省会を含めた話をする時間が長く、その辺りから「辞めようかな」と考え始めた気がします。
イベントは集合から解散まで数時間程度から、ほぼ終日拘束のものもあります。ラップトップ持ち込んで、待機中一人で作業というわけにもいきませんしね…。

あとは、良くご存知のようにお金がかかる習い事なので、写真や海外旅行が好きな私には衣装代(ドレス、レイ、ヘアクリップ)やイベントに出るときの出費が痛かったんですよね。ハワイ旅行1回分くらいは年間に使ってしまいます。

他には…、よく耳にする(!?)、フラシスターによるいじめや先生の暴挙、センター争いなどは一切なかったのですが、フラについて知っていくにつれ「他にもたくさんクムや先生はいっぱいいるし、ここでずっと習わなくてもいいかも」とも思いました。
ハワイ語や歴史を教えてもらって、かつカヒコ(古典フラ)も積極的に踊ってみたかったのですが、なかなかそういう機会はありませんでした…。

それから約1年、悶々としながら続けていたもののある日満員電車の中で「もう辞めると先生に話そう」と決心。
「話したいことがあります」とメールすると、先生は何かを察したのか「メールで内容を送ってください」と返事があって、数ヶ月後にハラウを去ることになりました。
長くダンサーとして営業でも大活躍していた先輩は2年以上、辞めるか続けるかを考え続けていたそうです。今は有名なクムのもと、前よりももっと華やかに踊られているので、彼女も決断して人生が変わったのでしょう。

2019年版!元気をもらえるハワイのサンライズおすすめの場所と日の出時間ハワイで早起きして太陽を見ると元気になる感じがしませんか?サンライズスポットと2019年版の日の出時間を掲載しています。...

フラを辞めてからの変化、決断は早い方が良い

生活の大部分を占めていたフラがなくなって、どうなってしまうのだろうとドキドキしていましたが、意外にどうってことはなくて、辞めると決めたわりとすぐ後に本社への転勤の話が来たり、普段交流がなかった人と遊ぶようになったり「何かを手放せば、新しいものがやってくる」を実感しました。

周りには他の先生のもと習うのだろうと推測されていたようですが、フラガールのトレードマークである黒いロングヘアをバッサリ切ってハイライトなんて入れてからは、ヘアスタイルを気軽に変えられるのが嬉しくて、フラに戻ることはなかったですねー。
それに、貴重な休日はこうしてブログ執筆に勤しみたいし(笑)。

ハワイアンミュージックもフラも鑑賞するのは大好きなので、移動中もハワイアンを良く聴いてますし、メリーモナークもオンラインでチェックします。今はオーディエンス側を楽しむ時期なのでしょう。

ハワイでは伝統を受け継ぐ文化ですが、日本でのフラは単なる趣味。ライフスタイルも変化していくし、始めるのも辞めるのも生徒の自由です。もやもやを心に抱えながらフラを踊ったって、本当の笑顔にはなれません。
辞めたあと、先生やフラシスターに陰口を叩かれることがあっても、もう(基本的には)会うことはない人たちなので気にしないでください。

ハッピーでないならばその場からは離れるべきだし、また縁があれば、また別のハラウに出会うはずですよ。

フラを辞めたくて悩んでいるみなさんの背中を、レレ(lele)のワンステップ分でも押すことができたら光栄です。Mahalo!

こちらもオススメ!