ダイニング

ハワイのクリームン・ロール(Cream n’ Roll)でみつけたキュートなロールアイス

ハワイのクリームン・ロール(Cream n' Roll)でみつけたキュートなロールアイス

タイが発祥で、アメリカではニューヨークから全米に広まったロールアイスクリーム
薄いアイス生地をくるくる巻いて、その上にトッピングを盛れば、インスタ映え間違いなしのデザートの出来上がりです。
日本でも原宿のロールアイスクリームが話題になっていましたが、ハワイにもクリームン・ロール(Cream n’ Roll)  というお店があるんです!
スイーツ好きなローカルの友人と食べて来たのでレポートします〜。

クリームン・ロールはモイリイリのバビーズ跡地にオープン

ハワイのクリームン・ロール(Cream n' Roll)でみつけたキュートなロールアイス
この日は友人とアラモアナセンターで夜待ち合わせをして甘いものを食べよう!という話をしていました。車で連れていってくれたのはアラモアナからそう遠くない、モイリイリ。

「ここにかわいいアイスがあるんだよ」

と案内されたお店に見覚えがありました。ここってもしかして…?

「そう、バビーズ(Bubbies)があったところなの」

バビーズは、ローカルのアイスクリーム屋さんで、色んなフレーバーのもちアイス(雪見だいふくみたいなアイス)と変わったネーミングのアイスケーキを提供していましたが、残念ながら閉店になってしまったのです。

平日の夜にも関わらず、お店の外まで人が並んでいました。

ハワイのクリームン・ロール(Cream n' Roll)でみつけたキュートなロールアイス

(1)ベースを選ぶ

まずはベースとなるフレーバーを数種類から選びます。バニラかお茶系の選択肢ですが、ミルクティーがおススメだと言うので、それにしました。

(2)ベースに混ぜるフレーバーを選ぶ

先ほど選んだベースにクッキーやオレオ追などを混ぜることができます。
面白いネーミングのゴーイング・バナナにしましたが、バナナとヌテラ(イタリアのヘーゼルナッツとチョコレートのスプレッド)が入っています〜!ベースは紅茶なので、仕上がりが想像できなくなりました(笑)。

ちなみにGo bananasとは英語のスラングで「興奮しておかしくなる」という意味です。

(3)トッピングを選ぶ

キンキンに冷えた鉄板に(2)までの液体状のアイスのもとを流し、冷気で固まったらヘラでくるくるとロールにしていきます。その工程が見ていて楽しいです。

カップに入れた後に乗せるトッピングは、シリアルやフルーツをはじめ、あずきやもちボール(求肥かな?)などのラインアップが。私たちはオレオとストロベリーをチョイス。ホイップクリームは無料です。

(4)仕上げのソースを選ぶ

最後にアイスの上にかけるソースです。
練乳やチョコシロップがありますが、ここまでで相当甘そうなのでやめておきました。

ロールアイスはSNSにアップしたくなるかわいさで美味しい

ハワイのクリームン・ロール(Cream n' Roll)でみつけたキュートなロールアイス
ロールアイスの完成です。
女子力高そうなフォトジェニックなアイスクリームができあがりました。コーヒーととってもよく合って甘くて美味しい!
イマイチ「映え」な写真が撮れなくて残念…。

ハワイのクリームン・ロール(Cream n' Roll)でみつけたキュートなロールアイス

店内には撮影したくなるこんなサインが飾られていますよ。ピンクのネオンがアメリカっぽくて良い感じ。
中はクーラーがガンガンに効いているので、カーディガンやパーカーなど持参してくださいね。

クリームン・ロール(Cream n’ Roll)

住所
1010 University Avenue #B4 Honolulu, Hawaii 96826
営業時間
月曜から木曜 13:00〜22:30、金曜 13:00〜23:30、土曜 12:00〜23:30、日曜 12:00〜22:30
アクセス
ワイキキ西側のカラカウア通り、ワイキキランドマークというコンドミニアム前のバス停からルート4番(University-Moiliili行き)のザ・バスで約10分。左手に赤い鳥居が見えるサウス・ベレタニア通りを過ぎてすぐのバス停で下車。基本的に車での来店がおすすめです。
ウェブサイト
creamnrollhi.com
こちらもオススメ!