ダイニング

おしゃれなカカアコのハイウェイ・インで美味しいローカルフードをどうぞ

おしゃれなカカアコのハイウェイ・インで美味しいローカルフードをどうぞ

ハワイに行ったらローカル料理を味わってみませんか?
開発が進むオシャレな街カカアコに2号店があるハイウェイ・イン(Highway Inn)は、1947年にワイパフでオープンした地元で人気のレストラン。
手軽にローカルフードを体験できるハイウェイ・インのおすすめを紹介します。

ローカルフード初心者にはこれ!柔らかいお肉が美味しい〜

おしゃれなカカアコのハイウェイ・インで美味しいローカルフードをどうぞ

正直、地元の人が通うレストランは入りづらいところもありますが、ここはそんなこともなく、店員さんもフレンドリーです。
ロコモコやポケボウルもありますが、初めて訪れるなら数種類が一度に楽しめるハワイアン・コンボ・プレートをどうぞ。メインを1つ選び、サイドにはロミサーモンやハワイで取れた野菜サラダ、紫芋、デザートにハウピアがついてきます。

主食はポイ(poi)か白米のチョイスがあります。ポイは、蒸してすりつぶしたタロイモを発酵させたハワイの主食。どろっとして酸味があり、好き嫌いが分かれます。是非チャレンジしてみてください。私は好きじゃないけど、シュガー入れたらヨーグルト感覚でイケるかも…とは思います。

[kanren id=”5328″]

おしゃれなカカアコのハイウェイ・インで美味しいローカルフードをどうぞ

ロミサーモン(lomi salmon)の「lomi」は揉むとかマッサージという意味で、サーモンとトマトを小さく切って塩で味付けした前菜です。

おしゃれなカカアコのハイウェイ・インで美味しいローカルフードをどうぞ

ラウラウ(Laulau)は「包む」という意味で、文字通り肉をタロイモの葉で包み蒸した料理です。ほろほろになった葉も柔らかくてクセがないのでそのまま食べられます。カルアポークという、豚を丸ごと蒸して調理する料理もあり、いつもどっちにしような悩みます…。

デザートのハウピア(haupia)はココナッツ風味のプリン。食感はポソポソしていて、初めて食べたときはちょっと苦手でした。

おしゃれなカカアコのハイウェイ・インで美味しいローカルフードをどうぞ

こちらは別途オーダーしたチキンロングライス

チキンベースのスープに春雨(というよりマロニーに近い)が入ったもの。胃にも優しいスープなので、ハワイでは風邪を引いたときに食べたりもするようです。ロングライスというのは長い米ではなく英語で春雨のこと。ちなみにベトナム料理では春雨系をヴァーミセリと呼びます。

カカアコ散策の合間、ランチに最適です

おしゃれなカカアコのハイウェイ・インで美味しいローカルフードをどうぞ

ワイキキやアラモアナからザ・バスや旅行会社のトロリーでアクセスできるのも嬉しい、カカアコのハイウェイ・イン。ハワイアン・コンボ・プレートでお腹も大満足!
レストランはSix Eightyというアパートの1階に入っていて、並びにはスムージーショップのラニカイ・ジュースもあります。

ハイウェイ・イン・レストラン・アット・カカアコ(Highway Inn Restaurant at Kaka’ako)

住所
680 Ala Moana Blvd #105 Honolulu, HI 96813
アクセス
ワイキキのクヒオ通りから19, 20, 42番のザ・バスで約15分。SALT at OUR KAKAʻAKO内にあります。
ウェブサイト
www.myhighwayinn.com
こちらもオススメ!