ダイニング

レナーズのふわふわマラサダは絶対食べておきたいハワイのスイーツ

絶対食べておきたいハワイのスイーツはレナーズのふわふわマラサダ

ハワイのスイーツで、パンケーキやシェイブアイスよりも真っ先に頭に浮かぶのがマラサダ。ポルトガル発祥のお菓子で、揚げパンに砂糖をまぶしたものです。

限りなくドーナツに似ていますが、もっと軽くて一度にふたつくらいはぺろっと入ってしまう(ある意味危険な)美味しさ。そんなマラサダが人気のお店はやっぱりレナーズ・ベーカリー(Leonard’s Bakery)でしょう。ホノルルのカパフル通りにある本店へは、頑張ればワイキキから歩くこともできます。

ひとつめはプレーン、ふたつめはパフがおすすめ!

絶対食べておきたいハワイのスイーツはレナーズのふわふわマラサダ

ふわふわでもっちりとした感じが本当にたまりません。美味しい〜!

マラサダで有名な店舗は他にもいくつかありますが、その中でもベレタニア通りのチャンピオン・マラサダ(Champion Malasadas)を贔屓にしているローカルも多いです。チャンピオン派かレナーズ派で分かれるのです。食べ比べると、うまく説明できないのですがやっぱり違います。価格はチャンピオンの方が安いのですが、私はレナーズ派ですね。

[kanren id=”1757″]

絶対食べておきたいハワイのスイーツはレナーズのふわふわマラサダ

クリームが入ったマラサダ・パフも販売されていて、このハウピア(ココナッツ)は南国らしい甘い香りがクセになります。プレーンもパフも定期的に「あ、食べたい!」という衝動に駆られるんですよ〜。

そんなマラサダがハワイで飛ぶように売れる日があります。それはファット・チューズデー(Fat Tuesday)と呼ばれる日。キリスト教には復活祭の前に四旬節という食事を制限する期間があって、その前日にカロリーの高いものを食べる習慣があるのだそうです。2017年のファット・チューズデーは2月28日。ベーカリーやケーキショップは大忙しの1日を迎えることでしょう。

絶対食べておきたいハワイのスイーツはレナーズのふわふわマラサダ

レナーズ・ベーカリーはパンもなかなかイケます。マラサダは店頭で揚げたてを頬張って、ペストリーは翌日の朝食用に持ち帰るのもおすすめですよ。価格は、プレーンのマラサダが$1.15、クリーム入りのパフが$1.50です(1個当たり。2017年2月現在)。

日本に帰ってきて恋しくなっても大丈夫。横浜ワールド・ポーターズのハワイアンタウン店に走りましょう!

レナーズ・ベーカリー(Leonard’s Bakery)

住所
933 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816
電話番号
(808)737-5591
営業時間
日曜日から木曜日 5:30~22:00、金曜日と土曜日 5:30〜23:00
アクセス
ワイキキのクヒオ通りから13番(UH Manoa行き)のザ・バスに乗車。約10分ほどで到着。
ウェブサイト
leonardshawaii.com
こちらもオススメ!