ハワイ語

ハワイ語で愛とアロハ(ALOHA)の色々な意味や法律について

ハワイ語で愛とアロハ(ALOHA)の色々な意味や法律について

ハワイ語で愛という言葉で一番使われるのは、挨拶にもなっているアロハ(ALOHA)です。

今回は、愛を意味する他の単語やアロハの色々な意味、さらにハワイ州の法律アロハ・スピリット・ロウ(The Aloha Spirit Law)」についてご紹介します。

愛を意味するハワイ語はアロハ以外にもある

まず、アロハ(ALOHA)以外にも、ハワイ語で愛を示す単語はあります。

  • アノイ(ʻanoʻi)
  • ニポ(nipo)
  • カウヌ(kaunu)
  • ホオヘノ(hoʻoheno)

などなど。これらの単語には、愛の他にも「愛する人」「欲望」「大事にする」と言う意味を含んだりしています。

「ホオヘノ」が使われた曲は、ウェルダン・ケカウオハ(Weldon Kekauoha)さんが歌う「レイ・ホオヘノ(Lei Hoʻoheno)」が有名で、愛する人を肩にかけたレイに例えたラブソングはしっとりとした大人の雰囲気がしますよね。

アロハ(ALOHA)の単語自体に意味がたくさんある

では、アロハ(ALOHA)について深掘りしてみましょう。
アロハには実にたくさんの意味があります!

  • 挨拶:こんにちは、さようなら
  • 愛に関して:愛情、愛情深い、恋人、愛する人
  • それ以外の感情:思いやり、同情、哀れみ、優しさ、親切

愛とさようならなんて両極端だから、混乱しますよね。

でも、ハワイ王国最後の女王、リリウオカラニ女王(Queen Liliʻuokalani)が作曲したアロハ・オエ(Aloha ʻOe)を聴くと少し理解できるかもしれません。

アロハ・オエの歌詞の解釈には諸説あるようですが、大まかに書くと終焉を迎えるハワイ王国に愛を込めて別れを告げるという内容。このタイトルの「アロハ」には様々な思いが詰まっているのだと納得します。

ALOHAの文字ひとつひとつにも意味がある

ハワイ語で愛とアロハ(ALOHA)の色々な意味や法律について

ALOHAを構成する文字ひとつひとつにも意味があります。

  • A =アカハイ(akahai):優しさ、慈愛
  • 
L=ローカヒ(lōkahi):団結、調和

  • O=オルオル(ʻoluʻolu):賛成、楽しさ
  • H=ハアハア(haʻahaʻa):謙虚、慎み
  • A=アホヌイ(ahonui):忍耐、根気

そして「ALO」と「HA」に分けた時にも意味があります。

  • ALO:顔、表面
  • HA(hā):呼吸、息を吐き出すこと

ハワイ州のアロハに関する法律「アロハ・スピリット・ロウ(The Aloha Spirit Law)」

なんとハワイ州には、アロハに関する法律「アロハ・スピリット・ロウ(The Aloha Spirit Law)」があります。
アロハ・スピリットとはアロハを持った精神のことですが、法律をざっくり解説するとこのような感じ。

アロハ・スピリットは人々の心の調和で、他人に良い振る舞いや感情を与え行動しなければなりません。

なぜなら

  • アロハは、あいさつや別れの言葉以上のもの。
  • アロハは、見返りは求めずにお互いを尊重し、愛情を持って相手に接すること。
  • アロハは、一人ひとりが全ての人にとって重要な存在であるという本質。
  • アロハは、知らないものに大して耳を傾け、目を向けること。

だからです。

この法を破ったら罰則があるとかではなく、ハワイではこうやって生きていくことが推奨されているのです。

アロハは表側も内側も全てハワイそのものを表すってことですね。奥が深すぎる…!

こちらもオススメ!