ハワイ語

海や波に関するハワイ語の言葉とワイキキビーチの名前

海や波に関するハワイ語の言葉とワイキキビーチの名前

海や波に関するハワイ語の言葉と、ワイキキビーチの細かいエリアごとの名前をご紹介します。

ハワイ語で海は日本語と同じ?

まずハワイ語で海はカイ(kai)と言い、偶然にも日本語と同じなので覚えやすいですよね?
波やサーフィン、ウミガメなどもまとめてみました。

  • 海:カイ(kai)
  • 波:ナル(nalu)
  • 海洋:モアナ(moana)
  • 浜辺(ビーチ):カハカイ、カハオネ(kahakai、kahaone)
  • 波のしぶき:エフカイ(ʻehu kai)
  • サーフィン(をする):ヘエナル(heʻe nalu)
  • シュノーケル:パイプハヌ(paipu hanu)
  • 引潮:カイマケ(kai make)
  • 満ち潮:カイヌイ(kai nui)
  • 魚(海の生物全般):イア(iʻa)
  • 海藻:リム(limu)
  • ウミガメ:ホヌ(honu)

モアナはディズニー映画「モアナと海の伝説」の主人公の名前にもなっていますが、映画の設定はハワイではなく架空の島モトゥヌイです。

オアフ島ノースショアにエフカイ・ビーチという名前の海がありますが、冬場は波が高くしぶきが舞うのでそう呼ばれるようになったのかもしれません。

フラソングにカ・ウルヴェヒ・オ・ケ・カイ(Ka Uluwehi O Ke Kai)という海藻を取る内容の歌がありますが(本当の意味はもっと色々と深いのですが)、その中でリムが出てきます。

ハワイのローカル料理ポケにもリムが入っていることがあります。

ホヌはANAのハワイ便の機体フライングホヌでその言葉が広まったのではないでしょうか。

ワイキキビーチは細かく8つに分かれる?

ワイキキビーチはかなり長いのですが、実は細かく8つに分かれていてそれぞれ名前がついています。

カピオラニ・パークからアラモアナ方面のヒルトンまで順番に追っていきましょう。

カイマナ・ビーチ

カイマナ・ビーチ(Kaimana Beach)は旧ザ・ニューオータニカイマナビーチホテル一帯の海です。

カピオラニ・パーク・ビーチ

カピオラニ・パーク・ビーチ(Kapiolani Park Beach)はカピオラニ・パーク前。
公園ではピクニックやヨガを楽しむ人がたくさんいます。

クイーンズ・ビーチ

クイーンズ・ビーチ(Queen’s Beach)は野外映画を楽しむできるエリア。
アメリカの人気刑事ドラマハワイ・ファイブオー(Hawaii Five-0)のプレミアが行われる場所です。

クヒオ・ビーチ

クヒオ・ビーチ(Kuhio Beach)はワイキキのメインビーチ。
パークショア・ワイキキ(Park Shore Waikiki)前からデューク・カハナモク像辺りまでです。

防波堤が作られ子どもでも遊びやすいセクションもあります。

ロイヤル・モアナ・ビーチ

ロイヤル・モアナ・ビーチ(Royal Hawaiian Beach)は、その名前の通りザ ロイヤル・ハワイアン(The Royal Hawaiian)とモアナサーフライダー(Moana Surfrider)の目の前。

いつ訪れても人がいっぱいでまるで湘南のようです。

グレイズ・ビーチ

グレイズ・ビーチ (Gray’s Beach)はシェラトン・ワイキキ(Sheraton Waikiki)、ハレクラニ(Halekulani)、アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート・ホテル(Outrigger Reef Waikiki Beach Resort)の前に広がるエリア。

この写真だと分かりづらいのですが、この一帯にはカヴェへヴェへ(Kawehewehe)といい淡水が湧き出ているスポットがあります。

フォート・デルッシー・ビーチ

フォート・デルッシー・ビーチ(Fort DeRussy Beach)はアメリカ軍関係のハレコア・ホテル(Hale Koa Hotel)の裏にあることから、別名アーミー・ビーチ(Army Beach)とも呼ばれます。

この辺りは少し人が少なくてビーチでのんびり過ごすのにぴったり。

デューク・カハナモク・ビーチ

デューク・カハナモク・ビーチ(Duke Kahanamoku Beach)はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート前。

この辺りまで来ると、ローカルもいてアラモアナっぽい雰囲気なんです。

こちらもオススメ!