ハワイ語

ハワイ語パウハナ(pau hana)の意味と仕事終わりの楽しい過ごし方

ハワイ語パウハナ(pau hana)の意味と仕事終わりの楽しい過ごし方

夕方や週末間近になるとテレビで聞いたり、ソーシャルメディアで見かけるハワイの言葉といえば「パウハナ(pau hana)」。

ハワイの人は仕事終わりをどうやって過ごすのか、パウハナという言葉の解説とともに紹介していきます!

ハワイ語で仕事終わりを意味するパウハナ(pau hana)

ハワイ語パウハナ(pau hana)の意味と仕事終わりの楽しい過ごし方

「パウハナ(pau hana)」は直訳すると「仕事終わり」という意味で、つまり仕事の後にアフター5(死語…?)を楽しむことを指しています。
まずはパウハナという言葉ですが、「パウ(pau)」「ハナ(hana)」という2つの単語が組み合わさっていて、それぞれこのような意味を持っています。

pau:終わる、完了する、最後の
hana:仕事、活動、義務、昨日

なのでpau hanaは仕事終わり、というわけ。下記のような使い方もします。

いわゆる花金やプレミアムフライデー:pau hana Friday
仕事終わり帰宅ラッシュ、夕方の渋滞:pau hana traffic
アフター5を楽しむ時間:pau hana time
仕事後の偵察、つまりバーなどへ行くこと:pau hana patrol

ちなみに、pauやhana単体ではこのようにハワイの日常で使われています。

pauの使用例

ローカルが多いレストランでは食事が終わる頃に「Pau?」とか「Pau already?」とスタッフに聞かれたりします。「もう食べ終わりましたか?」ということですね。まだ食べているときは「Still working.」と伝えればOKです。

hanaの使用例

ハワイではショーやライブの後に「ハナホウ(hana hou)!」とステージに向かって声をかけますが、「hou」は「もう一回」「繰り返す」という意味があるので、hana houはアンコールのことを示します。

ハワイ語パウハナ(pau hana)の意味と仕事終わりの楽しい過ごし方 ハワイ語パウハナ(pau hana)の意味と仕事終わりの楽しい過ごし方

パウハナといえば、ローカルはまずビール?

ハワイ語パウハナ(pau hana)の意味と仕事終わりの楽しい過ごし方

パウハナをどうやって楽しむかといえば、ハワイ住民はまずはビールでしょう。仕事が終わった後の一杯は最高ですからね〜!
最近ハワイはクラフトビールブームで、地ビールを味わえるお店も増えましたし。

日本のように遅い時間まで残業する習慣がないため(会社にもよりますが…)、レストランやバーのハッピーアワーを活用して、家族や友人とのんびり食事をしたり、お酒を飲みながら会話を弾ませたり、恋人とデートしたりするのです。

パウハナの過ごし方は自由自在、仕事を切り上げて楽しもう

ハワイ語パウハナ(pau hana)の意味と仕事終わりの楽しい過ごし方

もっとヘルシーに身体を動かしたい!という方は、クイーン カピオラニ ホテルで金曜日の午後5時から開催されるパウハナ・フライデー・サーフ・クラブ(Pau Hana Friday Surf Club)でサーフィンなんかはいかがでしょう。ホテルに宿泊していなくても参加可能ですよ。

私の同僚は、夕方、仕事からプライベートへ気分を切り替えるためにジョギングをしていると話していましたし、リラックスしながら映画を観るのも良いですよね。パウハナの過ごし方は自由自在です。

日本だと定時に帰ることは難しいかもしれません。でもたまには早く仕事を切り上げて、パウハナ・タイムを満喫するのも大事なんじゃないかなーと思います。

こちらもオススメ!