ハワイ語

レストランで見かけるハワイ語ププ(pūpū)の意味とハワイならではのおつまみ

レストランで見かけるハワイ語ププ(pūpū)の意味とハワイならではのおつまみ

食事をしたり、お酒を飲んだりするときに役に立つハワイ語「ププ(pūpū)」と、ハワイならではの大好きなおつまみについてご紹介します。

ハワイ語でププ(pūpū)は前菜

ハワイ語でププ(pūpū)はメイン料理の前にオーダーする前菜、アパタイザー、オードブルや、お酒と一緒に味わうおつまみのこと。レストランやバーのメニューで見かけることがある言葉です。

この言葉をプープーと伸ばして発音すると、英語で子どもが使う「うんち(poo-poo)」という意味になるので要注意です 笑。

個人的に好きなハワイの定番ププといえばこれ!

個人的におすすめなププ4つはこちらです!

ポケ(poke)

レストランで見かけるハワイ語ププ(pūpū)の意味とハワイならではのおつまみ

ポケはマグロの漬けのようなメニュー。しょうゆだけじゃなく、塩やスリラッチャソース(シラチャー?)とかマヨネーズで味付けしたものもあり、また具材もマグロだけではなく、サーモンやタコ、貝や海老などさまざま。もちろん丼にしても美味しいです。

枝豆(edamame)

レストランで見かけるハワイ語ププ(pūpū)の意味とハワイならではのおつまみ

意外かもしれませんが、ハワイでも枝豆が好まれて「エダマメ(edamame)」という言葉のまま通じます。日本と違うのは、ガーリックなどでさやごと味つけられていること。ローカルのスーパーマーケット「フードランド(Foodland)」などでも、ポケと並んでガーリック枝豆が売られているんですよ。

ふりかけフライドポテト(Furikake French fries)

レストランで見かけるハワイ語ププ(pūpū)の意味とハワイならではのおつまみ

ふりかけは、フライドポテトに振りかけるととっても美味しい!青のり味のポテトチップのような感覚ですかね。ふりかけポップコーンも人気なんですよー。日本にはないアレンジですが、結構クセになります。

ガーリックシュリンプ(girlic shrimp)

レストランで見かけるハワイ語ププ(pūpū)の意味とハワイならではのおつまみ

ガーリックシュリンプといえばフードトラックで白いごはんと頂くのが定番ですが、そのままおつまみとしてビールと一緒に食べたくなる一品です。

ハワイのレストランやバーで、地ビールやトロピカルなカクテルと一緒に、さまざまなププ(pūpū)を是非トライしてみてください!

こちらもオススメ!