ライフ

ハワイで献血を初体験!採血量は驚愕のほぼペットボトル1本分でごほうびはコレだ

ハワイで献血を初体験!採血量は驚愕のほぼペットボトル1本分でごほうびはコレだ

日本では何度か経験がある献血。ふと「ハワイで献血って、米国市民や永住者じゃなくてもできるんだろうか?」と疑問を持ち、調べてみると、写真付きのID(私の場合は仮免許)があれば大丈夫そうだったのと、家からそう遠くない場所に献血ルームがあったので、オンラインで予約してみることに。

その後に、アメリカは献血量がどうやら選べず、1パイント(約470ml)しかないと知り、「470mlってほぼペットボトル1本では…?」と血を抜かれる前から貧血になりそうな不安を抱えつつ行ってまいりました!

ハワイ州の写真付きIDが必要だったので仮運転免許証を取得しました ハワイに住み始めてすぐ、「写真付き身分証明書を提示する機会があるから、ステートID(ハワイ州の身分証明書)か免許があったほうがいいよ...

アメリカの献血は採られる量が日本より断然多い!

場所はYoung st.にあるドナーセンター。初めてなので書類作成など少し時間がかかります、問診票に答えなければいけません。病歴や薬歴、1年以内にピアス・タトゥーをしたか、該当する期間にイギリスに行ったか(クロイツフェルト・ヤコブ病の感染を避けるため)、など。男性の場合は1年以内に男性と性交渉があったか、女性は妊娠したことはあるか、など質問項目がたくさんありました。

その後ヘモグロビンを調べるために採血をして、血圧・脈拍・体温を計り「あらーあなた健康そのものね!」と褒めてもらい(地味に嬉しい)、意外にハワイ在住日本人も献血をしているなどの話を聞いたりして、いざ献血台へ!

「両方の血管を見させてね」と左右の腕で血管チェック。「左も大丈夫そうだけど、右の方が採りやすそうね」と右腕で決定。心なしか、日本よりも針が太い気がして少し緊張したものの、弾力のあるゴムのボールをにぎにぎしながら、10分弱で無事に終了。気分悪くなることもなく全然余裕でした。前に日本で400mlを断られたことがあるけど、アメリカは基準がゆるいのかもしれませんね。

献血後の楽しみ、それはおやつタイム

ハワイで献血を初体験!採血量は驚愕のほぼペットボトル1本分でごほうびはコレだ

「アザになりそうだから冷やすわね」と写真のようにアイシングしてもらい、しばらく台の上で安静にしたあとは、受付近くのテーブルに移動して水分と糖分補給です。ラインナップは少なめかな。

水の他、ハワイらしいパッションフルーツ&オレンジのジュースとエナジーバーを選びました。「今日は少なくともコップ4杯の水を飲んでね」と言われたので、喉も渇くしせっせと飲んでいます。さらにアイスクリームの無料券をもらいまして、そこには「Give a pint, get a pint」と書かれています。採った血液と同じ量のアイスがもらえるらしい〜!

でも、そのアイスをもらえる所が遠く、しかも家の冷凍室がしょぼく1パイントのアイスなんか入らないため、子どもがいる同僚にチケットを譲りました。

ハワイにいる間に何かボランティアをしようと考えていて、献血は誰かの命を救えるかもしれないし、体験してよかったです。血液は21日しか保存できないから、常にドナーが必要らしいです。

ちなみにドナーセンターで言われた通りアザがひどくて3週間くらい跡が残りました…。針が太いのかそれとも日本の献血より雑に扱われたのかは不明です。

ブラッド・バンク・オブ・ハワイ(Blood Bank Of Hawaii) ヤングストリート・ドナーセンター

住所
1907 Young Street, Honolulu, HI 96826
電話番号
(808)848-4770
営業時間
月曜〜木曜 6:30~18:30、金曜・土曜  6:30~16:30
ウェブサイト
www.bbh.org
こちらもオススメ!