ライフ

Twitter炎上を見て思うハワイ留学生やJ1ビザインターン生の違法副業について

Twitter炎上を見て思うハワイ留学生やJ1ビザインターン生の違法副業について

ハワイだけではなくアメリカ全般の情報や英語学習のため、Twitterをチェックしています。
留学生が勉強したばかりの活きた英語や生活について知ることができて、日本にいる私は海外にいるような気分でワクワクしながらタイムラインを見ているのですが、炎上を目にしました。

ハワイのことではないですが、同じような目に遭わないためにも思ったことをここに残します。

Twitterで留学生が詐欺まがいのビジネス?

Twitter界隈を賑わせているのは、アメリカ本土に留学している学生さんです。留学インフルエンサー(?)と呼ばれているようで、フォロワーが54,000人以上います。
(あえてこの場ではTwitterアカウントは公開しないので、知りたい方は調べてみてください)

使える英語や現地の美しい風景写真などを投稿しているので、少し前からフォローしています。
しかし最近(2019年8月くらいからかな?)、その人のタイムラインの様子が変わってきました。他の人のツイートをまとめると「留学生相手に有料コンサルをもちかけ詐欺まがいのことをして荒稼ぎをしている」から炎上してしまったよう。

単なる周りの嫉妬なのか、留学生はお金を稼いだらいけないと知らなかったのか、知っていても詐欺だとは思わなかったのか、それとも悪意があって金儲けしていたか、真実は不明だし、炎上自体はどうでも良いのです。

F1ビザ留学生のバイト、J1ビザの副業は違法です

つまり何が言いたいのかというと…。

アメリカで留学中にバイトでお金を稼ぐことは、ビザの規則で禁止されています。不法就労は強制送還の対象になる、ということです。
J1ビザを取得したインターン生も他の会社で副業するのはダメなはず。
せっかくアメリカで勉強したり研修できるチャンスを、無駄にするのはもったいないじゃないですか。

実際、J1ビザでハワイにいたとき、副業の誘いはありました。
知り合った日本人留学生から「日払いのキャバクラで一緒に働きませんか?」とか…。本業(研修先)の会社もそれなりに忙しいし、キャバクラで働けるほど見た目も会話力もないし、そもそも違法だし断りましたが、そういう人は結構いるのだと思います。

昔、ハワイの語学学校に通っているとき、夜バーで働いている人もいました。ハワイは物価が高いし気持ちは分からなくはないけど。

でも強制送還になったら、旅行でもアメリカ入りするのがしばらく難しくなるかもしれません。

留学生は条件付きで学校内でならバイトは認められているかと思います。
また、留学中にお金を稼ぐことというのは、アメリカの企業で働いたりして、アメリカの銀行口座にお金が振り込まれることが違法で、日本国内での仕事をリモートで行なって、日本でお金を受け取って日本で税金を払う形なら問題ありません。

これからアメリカ留学を考えているけどお金が心配なら、今のうちにインターネットビジネスを始めると良いかも?

ハワイで学生生活を送る人へのメッセージ

最後…繰り返しですが、ハワイはアメリカで、留学中やJ1ビザインターン中にバイトや副業をしたらダメ!
オンラインに限らず、オイシイ金儲け話があっても乗らない!
相手が日本人だと安心しない!

時には苦しいアメリカ生活ですが、気の迷い(?)で嫌な目には遭わないようにしましょう。

以上、Twitterの炎上を受けての思いを発信してみました。

こちらもオススメ!