ライフ

ハワイで家探し!ワイキキで快適なコンドミニアムを見つけるまでの道のり

ハワイで家探し!ワイキキで快適なコンドミニアムを見つけるまでの道のり

ハワイに住むならビザの次に必要なのは家です!

J1ビザがマッハのスピードで取得できてしまい、予定より早く出発することになったので、はじめの1ヶ月くらいはホテルに滞在しようかなぁなんて考えていましたが、仕事が始まったらそうそう時間が取れないかもと、とりあえずネットで情報を集めることに。

教えてもらった現地の不動産屋やCraigslist(クレイグスリスト)をざーっと見たら、家賃の高さに目眩が…。私の地元なら8万円くらいでそこそこのワンルームマンション借りれるのに、$1,000以下の部屋なんてみつからない。ハワイやばいかも!と出発前から不安でしょうがなかったのも、今となってはイイ思い出です(当時は必死でしたけどねっ汗)。

良い家に出会うのは運とタイミング。ワイキキでも激高じゃない部屋はあります

ハワイで家探し!ワイキキで快適なコンドミニアムを見つけるまでの道のり

アメリカで家を借りるときは、信用度を測るクレジットヒストリーと呼ばれるものが必要になります。アメリカで発行されたクレジットカードの使用記録が審査に関係するわけですが、日本にしか住んだことのない私はそんなもの持っていません。なのでアメリカ人がオーナーの部屋はまず無理だなと思い、日本人オーナーのところを探しました。

クレジットヒストリーがないので、その代わりに銀行の残高証明書か給料の金額が記載されている書類、つまりレントを支払う能力を証明できるものが必要でした。

エリアですが、ハワイで車を運転する予定がなかったので、バスの通りが多くて通勤に楽なワイキキで物件探しを開始。利用したサイトはびびなびハワイ。$1,200以下のワンルームのコンドミニアムをいくつか発見できました。4件ほどピックアップをしてメールを送って、すぐ返信が来たのはその半分。不動産屋もしくはオーナーと連絡がついたら、今度はショーイングという、内覧をさせてもらいました。

現地にいないので、写真やビデオで見せてもらうのですが、1つめはキッチンがなかったので無理だなーという感じで、もうひとつはアラワイ運河沿いで夜が暗そうだったので断りました。やっぱりこんな短期じゃ家探しは難しいかな…と諦めかけたころ出会ったのが、1年半住んだ部屋です。

ハワイの賃貸物件を借りるときの条件はこれ!

私がハワイに住むにあたって譲れなかったのは、まず一人暮らしであること。節約のためルームシェアをしていた人も周りにはいましたが、家で作業することも多いと思ったので、一人の空間は絶対確保したかったのです。そして、治安。夜でも人通りがそこそこあって明るいところにしようと決めました。

自炊をするのでキッチンも必須。実際は簡易キッチンでしたが、レントが$1,095(家具付き、電気&水道代込み)なのでワイキキのコンドミニアムにしてはお得だったと思います。セキュリティもいましたしね。欲を言えば部屋にランドリーがあれば嬉しかったですが、ビルのランドリーフロアは洗濯機と乾燥機の数も結構あったので不自由はあまりなかったかなぁ。

家探しで参考になるキーワード

家を探すときに良く見かける言葉です。ワンルームはステューディオと呼びます。シャワーだけでバスタブがない部屋もあるので、お風呂につかりたい!という方は確認したほうがいいですね。契約が決まったらデポジットを海外送金で支払い。家具があったので、旅行の延長くらいの荷物でハワイに乗り込み生活を始めました。

Studio:ワンルーム
1 bed room:1LDK
Furnished:家具あり
Unfurnished:家具なし
Utility:光熱費
Lanai:ベランダ

以上、ワイキキで住む家を見つけまるまでの道のりでした。留学や仕事でハワイに行かれる方の参考になれば嬉しいです!