ライフ

ハワイで学んだシンプルライフと「If can, can. If no can, no can.」のことわざ

ハワイで学んだシンプルライフと「If can, can. If no can, no can.」のことわざ

気分転換したくて部屋の模様替えをしました。
しばらく使っていなかった物は全て捨てて、作業用デスクやチェストも買い直したりと2ヶ月くらいかかってしまいましたが、おかげで新たな気分でブログに向かうことができています。

もともと家には物が多い方で、片付けもあんまり得意じゃなかったのですが、ハワイに住んだことがきっかけでシンプルな暮らしをするようになりました。

なぜそんな変化があったのかと、心が軽くなるハワイのことわざ「If can, can. If no can, no can.」について紹介したいと思います。

物が少ないハワイ生活で得たシンプルライフ

ハワイで学んだシンプルライフと「If can, can. If no can, no can.」のことわざ

1年半のハワイ生活は、現地で買い足した物も当然ありますが、家具付きのコンドミニアム(上の写真は実際の部屋)を借りたので、スーツケース2個分の荷物だけで住んでいました。

はじめは、部屋が殺風景で寂しいなぁと感じていたものの、日本みたいな冬服はいらないし、ワードローブなんかは少なくて済みます。休みの日はワンピース、キャミ、ヨガパンツ、デニムのショートパンツがあれば十分だし(ショーパン気軽に履けるハワイ最高!)。

ビザが切れたら帰国だったので、物を増やさないようにした結果(捨てるのも大変なので)、「あるもので済まそうと思えば何とかなる」「物が少ない方が掃除も楽」「スペースがあると心も軽い」ということを発見。

それから日本でも必要以上の物は置かず、思い出の品なども感謝しつつ手放して、全然ミニマリストとかではないのですが、できる限りスッキリとした暮らしを心がけるようになりました。

ハワイでは考え方や行動もシンプルになる

ハワイでもまぁごちゃごちゃはあるんですが、基本的には人間関係や会社も、「気が乗らないから誘いを断る」「ハッピーじゃないからこれはやらない」「仕事は無理せず辞めればいい」とドライな印象があります。

日本だと、周りに迷惑をかけちゃいけない…みたいなのがありますが、ハワイで「自分が幸せかどうか」を判断基準にすると考え方や行動もシンプルに決まるんだなーと学びました。

遊びも、ビーチかハイキングか食事(レストランやBBQ)…みたいな感じなので、そういう環境のおかげもあるのかもしれません 笑。選択肢が多いと迷いが出やすくなるので。

感謝という意味のマハロ(mahalo)の言葉と使い方:簡単ハワイ語講座
感謝という意味のマハロ(mahalo)の言葉と使い方:簡単ハワイ語講座 ハワイ旅行や生活で見たり聞いたりする言葉を紹介していくコーナー「ミライハワイの簡単ハワイ語講座」。 今回は「アロハ」に次い...

ハワイのことわざ「If can, can. If no can, no can.」とは

ハワイで学んだシンプルライフと「If can, can. If no can, no can.」のことわざ

マジシャンの方がショーでこのフレーズを話していて初めて知ったのですが、ハワイに「If can, can. If no can, no can.」ということわざがあります。

これはハワイ独特のピジン・イングリッシュで、no canは文法的に間違っているんですけども。

ピジン・イングリッシュについてはまた記事を書きますが、英語を母国語としない
移民が多いハワイでは色々な言語がミックスされた独自の言葉があって、例えば「don’t go」を「no go」と言い換えたりもするんですよ!

話を戻して、この「If can, can. If no can, no can.」は「出来たらやるし、出来なかったらやらない。どちらでも構わないよ」という意味。

ハワイっぽいなぁ妙に納得ですが、私は「気難しく考えないで気楽に楽しもう!」とも解釈をしていて、息苦しいなという時にはこのことわざを思い出すようにしています。

日本に帰国後キャリアやプライベートに悩んだから

たった1年半のハワイ生活でしたが、かなり濃厚な経験で帰国後はちょっとバーンアウトしちゃいました。さらに会社でもプライベートでも変化があって、これから仕事と人生どうしようと悩みが湧いてきてしんどくなったのです。

やりたいことを追求しつつも他も充実、というバランスが取れないから、つくづく生きるのが下手だなと自分でも嫌になりますが、そんな時こそ「If can, can. If no can, no can.」を実践すべきだ、と気付きました。

ハワイの友人にも「落ち込んでもいいけど、長引かせてはダメ。その時間がもったいない」とアドバイスをもらい、周りと比較してもしょうがないし、遠回りでも地道にやっていけば、どこかで納得する答えに出会えるはず。

どう転んでも何とかなる、の精神でいたいものですね。

こちらもオススメ!