あれこれ

ハワイの気候、時差、言語など知っていると役に立つかもしれない基本情報と豆知識

ハワイの気候、時差、言語など知っていると役に立つかもしれない基本情報と豆知識

ハワイってアメリカ? 時差はどれくらい? ハワイは好きだけど意外とか知らないかも…。そこで今回はもしかしたらどこかで役立つかもしれない情報をまとめてみました。

ハワイの気候、時差、言語など知っていると役に立つかもしれない基本情報と豆知識

ハワイがアメリカになったのは割と最近。8島のうちど入れない島はどこ?

ハワイは1959年にアメリカ合衆国加盟。50番目の加盟で、つまりアメリカで最後に州となったのです。その昔は王国でアメリカで唯一「宮殿(イオラニパレス)」があります。

ハワイは8つの島で構成されていて、ワイキキがあるオアフ島、一番大きくてビッグアイランドの愛称を持つハワイ島、二番目に大きいマウイ島、手付かずの自然が豊かなカウアイ島、注目のリゾート地ラナイ島、フラの発祥地とされるモロカイ島の6島へは誰でも行くことができますが、個人所有であるニイハウ島と米軍の演習地だったカホオラヴェ島に立ち入ることはできません。

ハワイの州都はオアフ島のホノルル。第二の都市はハワイ島のヒロです。アメリカなので、90日以内の観光滞在であればビザはいりませんが、ESTA(エスタ、電子渡航認証)の申請が必要となります。ESTAの有効期限は2年なので、ESTAは前に申請したけどしばらくアメリカに行ってないな〜という方は更新の時期を確認してくださいね。

ビッグアイランドという愛称を持つハワイ島は自然いっぱいで一度は訪れたいネイバーアイランド 羽田からはハワイアン航空が、成田からはJALがそれぞれコナまで直行便を飛ばしている注目のネイバーアイランドといえば、ハワイ島。ハワイ...

街で見かけるハワイ語はコレ!ハワイだけで話される英語もあるんです

公用語は英語。現在はハワイ語だけの会話をすることはほぼありませんが、単語は日常のシーンで使われています。

例えばニュースで良く聞くのがMauka Showers(マウカ・シャワー)。これは山側で雨、という意味ですが、Maukaはハワイ語で山側(Ma=側、Uka=山)を指します。アラモアナセンターのフードコートはMakai Market(マカイ・マーケット)ですが、Makaiは海側(Kai=海)なので、見ての通りモールのビーチサイドにあるからその名前なのです。

その他、トイレではKane(カネ、男性)やWahine(ワヒネ、女性)の表記があるところも。ザ・バスのアナウンスで流れる「Please Kokua(プリーズ・コクア)」は、ご協力ください、ということ。お店にE Komo Mai(エ・コモ・マイ)と書いてあったら、ウェルカム!で、Mahalo(マハロ)はありがとう。Aloha(アロハ)はあまりに有名なハワイ語ですが、愛という意味のほか、さようなら、にも使われるそうです。

ハワイは英語を母国語としないアジアからの移民が多く、彼らの言葉も混じった言葉が存在します。ハワイだけで話されるピジン・イングリッシュは同じ英語ながらアメリカ本土では通じないこともあるほど、独自の進化を遂げているのです。これについてはまた記事を書こうと思います、とても興味深いので。

ハワイの気候、時差、言語など知っていると役に立つかもしれない基本情報と豆知識

帰りはヨイヨイ、行きはツライ時差。気温はどんな感じ?

日本とハワイの時差は19時間。日本が進んでいるので、今の時間に5時間プラスして1日戻すと計算しやすいです。例えば日本が朝10時ならハワイは前日の午後3時、午後8時ならハワイは同日午前1時です。

その時差の関係から、飛行機でホノルル空港に着くのは朝が多いと思いますが、日本ではまだ夜中の計算なので、現地入りした日は眠くなる傾向があります。時差ボケ防止のため、寝ないほうがいいという話もありますが、私は30分ほど昼寝をすると次の日からラクに過ごせます。

日本でいう夏至、冬至を境に夏と冬、という大雑把な季節がありますが年間を通じて温暖。でも7月から9月までは夜寝苦しくなったり、汗をかく蒸し暑さが続きます。反対に12月から3月までは、「寒い」という在住者も。大げさ!と思いましたが、確かにタンクトップとショートパンツでは寒い…。南の島ゆえに、クーラーでガンガンに冷やされているお店が多いので、カーディガンなど薄手の羽織りものがあると重宝しますよ。

オアフ島内の公共交通機関

オアフ島内を走る公共交通機関、ザ・バス(TheBus)は多くの路線があり、地元住民や観光客に利用されています。。2018年にはいよいよハワイ初となる電車、Honolulu Rail Transit(ホノルル・レール・トランジット)が開業予定ですが、本当に2018年に運転開始されるのかはわかりません。

バスはあるものの、本数が少なかったり夜は安全と言い切れなかったり、住んだらやはり車がないと不便を感じます。

ハワイのザ・バス(TheBus)をワンデーパスで利用しよう!運賃と乗り方や降り方、ワイキキとアラモアナからの主要ルート オアフ島唯一の公共交通機関、ザ・バス(TheBus)。住んでいるときに車がなかったので、どこへ行くにもザ・バスのお世話になってい...

通貨、両替、州税、電圧、その他旅行向けの情報

通貨はUSドル。日本で両替を忘れても、免税店の中や銀行で替えられます。街に低レートを掲げているところもありますが、認可されていない両替所もあるので気を付けましょう。消費税はなく、州税が約4.166%(オアフ島は約4.712%)がかかります。日本に比べたら半分ですが、物価がそもそも高いのでお得感はあまりありません。

ハワイの電源プラグは日本と同じ形(正確には違いますが、日本のものを差し込めます)ですが電圧は110/120Vで日本の100Vより高いです。iPhoneやデジカメ、ノートパソコンの充電は問題ないものの、ドライヤーなど熱くなる製品に関しては海外対応をしているか注意書きを読み、対応していなければ変圧器を使うと安心です。

このページにプルメリアの写真を載せましたが、ハワイ州花はハイビスカス。州木はククイです。州鳥はネネで、オアフでは見かけませんがハワイ島では道路を歩いていたりするそうです。最後に州の魚…長くて一度に覚えられませんがフムフムヌクヌクアプアア(Humuhumu nukunuku apuaʻa)といいます。

フムフムヌクヌクアプアア…。

ハワイは比較的安全と言われる観光地ですが、ひったくり等の犯罪は結構あります。日本と同じ感覚で夜中に財布だけ持ってコンビニに行ったり、バッグを席に置きっぱなしにして食事を買うのは厳禁。最後まで気持ち良くハワイ滞在ができるよう、気をつけて旅行を楽しみましょう。

こちらもオススメ!