あれこれ

ハワイは台風や地震などの自然災害は起こる?旅行中に発生したときの正しい行動

ハワイは台風や地震などの自然災害は起こる?旅行中に発生したときの正しい行動

爽やかな風に揺れるパームツリーに癒されるハワイ…。
穏やかな気候がウリ(?)の観光地ではありますが、自然に恵まれた島々なので、もちろん日本と同じように自然災害が起こります。

では、旅行中に災害に遭ってしまったときはどのように行動すれば良いのでしょうか。

キラウエア火山が噴火した2018年は大きな地震が発生

ハワイは台風や地震などの自然災害は起こる?旅行中に発生したときの正しい行動

地震大国の日本に比べれば、ハワイでは地震は少ないものの、ハワイ島にはいまも活動を続けるキラウエア火山があるため、噴火が起こった2018年にはマグニチュード6.9の地震が発生しました。

海に囲まれたハワイは地震の発生源が遠く離れていても津波のよる被害も。
最近の話ではありませんが、1946年アリューシャン地震と1960年チリ地震では津波がハワイ島の東側ヒロを襲い、日系人が多く住む「Shinmachi(新町)」というエリアで合計220人以上の犠牲者を出しています。

普段はあまり揺れを感じることがないハワイ、たまーに震度3くらいの地震があります。そうすると停電したり軽いパニック。ワイキキに滞在する日本人は落ち着いていてすごいとソーシャルメディアに投稿されていたのを目にしましたが、まぁそれくらいの大きさなら慣れていますよね私たちは…。

ストームや台風(ハリケーン)は頻繁にハワイにやってきます

ハワイは台風や地震などの自然災害は起こる?旅行中に発生したときの正しい行動

ハワイで台風はハリケーン(アメリカ周辺ではそう呼ぶようです)。
ハリケーンといえば、1992年にカウアイ島を直撃し多くの住民が被災した「イニキ(Iniki)」について話を聞くことがありましたが、私が住んでいた2014年、ハリケーン「イゼル(Iselle)」がハワイ諸島を通過しました。

接近前に家からワイキキの街を歩いてみると、大型モールも休業し、路面店に大きなガラスのドアをベニヤ板で守る様子などに、「ハワイの台風はそんなにヤバイのか」とビックリしたものです。

ハワイは台風や地震などの自然災害は起こる?旅行中に発生したときの正しい行動

ハリケーンに至るまでも何段階かのストームが存在し、トロピカルストームが近づくと仕事がWFH(Work from home=家からリモート勤務)になることもありました。

  • 熱帯低気圧(Tropical Depression):最大風速17m/s未満。日本では台風が進むと熱帯低気圧に変わりますが、この熱低は大雨や暴風をもたらします。
  • トロピカルストーム(Tripical Storm):最大風速17~24m/sくらい。トロピカルストームになると、天気が相当荒れます。
  • ハリケーン(Hurricane):最大風速32.7m/s以上。ハリケーンの中でもカテゴリー1から5があって、数字が大きくなるにつれて被害が大きいと予想されます。イゼルはカテゴリー3だったかと思います。
ザ!世界仰天ニュースのカカアコ暴行事件で考えるハワイの治安と行ってはいけない場所ザ!世界仰天ニュースで放映されたカカアコの暴行事件。安全な旅行のため、ハワイに住んでいたからわかる行ってはいけない場所や治安について書いています。...

ハワイ旅行中に運悪く地震や台風などの災害に遭った場合の対処法

ハワイは台風や地震などの自然災害は起こる?旅行中に発生したときの正しい行動

あまり考えたくはないですが、地震は不意をついて、ハリケーンは夏から秋にかけてハワイ旅行の間に経験する可能性があります。
その場合は、焦らず、むやみに外には飛び出さず、ワイキキの大手ホテルでは、日本語で状況がアップデートされるので、その情報を待ってください。

安全第一に、ハワイを楽しみましょう。

こちらもオススメ!