ニュース

トランプ大統領がキラウエア火山噴火の被害者にFEMAプログラムによる支援を承認

トランプ大統領がキラウエア火山噴火の被害者にFEMAプログラムによる支援を承認

トランプ大統領はハワイ州知事デービッド・イゲの要請を受けて、キラウエア火山の噴火で家や財産を失ったハワイ島の住民や企業に、FEMA(Federal Emergency Management Agency – 連邦緊急事態管理庁)プログラムによる支援を承認しました。

ヒロの南にあるケアアウ高校では、災害救援センターが設置されることになり、被害を受けた住民から詳細の聞き取り調査を行うとのことです。

条件を満たした住民は、住居修復のための補助金や失業や法的問題に対処するための支援を受けられるようになります。

ハワイ郡長ハリー・キムは、噴火は700もの家屋に影響を与えたと発表し、シェルターにはたくさんの人が避難生活を強いられています。パホア地区では仮設住宅の建設が始まりましたが、すべての人が入れる数はありません。

キラウエア火山の噴火は1ヶ月以上に及び、長期化が予想されます。

参照元:Pacific Business News、KITV