ニュース

クジラとイルカのハイブリッド「ウォルフィン」がカウアイ海域に生息の可能性

ハワイ島のハプナビーチプリンスホテルがウェスティンブランドへ向けて大幅リニューアル

研究者によると、大変貴重なクジラとイルカのハイブリッドである「ウォルフィン」をカウアイ島の海域で発見した可能性があるそうです。カスカディア・リサーチ・コレクティブの研究者は、カズハゴンドウクジラ(melon-headed whale)とシワハイルカ(rough-toothed dolphin)の子どもではないかと予想しています。

※写真はオアフ島で撮影したイルカです。

ウォルフィンは現在オアフ島で見ることができます

カズハゴンドウは深海で泳ぐことで知られていますが、ハワイ島周辺にも生息しています。しかしカウアイ島では珍しいこと。本当にウォルフィンなのか今後調査を続けるとのことです。

クジラとイルカのハイブリッドは以前捕獲されたことがあり、オアフ島の水族館、シーライフパークで飼育されています。そのウォルフィンはケカイマルという名前で、オキゴンドウクジラ(false killer whale)とバンドウイルカ(bottlenosed dolphin)の間に生まれました。

出典:KITV

こちらもオススメ!