ニュース

【2/24更新】カイルアへのパリ・ハイウェイが通行規制でヌウアヌ・パリ展望台もクローズ

【2/24更新】カイルアへのパリ・ハイウェイが通行規制でヌウアヌ・パリ展望台もクローズ

現地時間2月18日(月)、オアフ島のパリ・ハイウェイ(Pali Highway)で地滑りが発生して約1週間が経ちましたが、ホノルルとカイルアを結ぶパリ・ハイウェイは1車線のみ通行可能となっています。

パリ・ハイウェイは片側車線のみ通行可能

現在も地滑りによる落石除去作業が続き、ハワイ運輸省(Hawaii Department of Transportation)は、パリ・ハイウェイの片側車線を時間によって上下線に分ける方法で通行させています。
また、観光スポットとしても人気のヌウアヌ・パリ展望台(Pali Lookout)もクローズ。
リケリケ・フォールズ・トレイル(Likeke Falls Hike)のハイカーに対し、パリ・ハイウェイを通らないようにお願いしています。

車での移動の迂回路としてH-3フリーウェイ(H-3 Freeway)、リケリケ・ハイウェイ(Likelike Highway)、カラニアナオレ・ハイウェイ(Kalanianaole Highway)をご利用ください。