スポット

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

きついけど登り終えた後は爽快なココヘッドクレーター・トレイル。

頂上からの景色もとてもキレイで、毎週通っていたことがあるほど中毒性のあるこのハイキングコースはワイキキから22番のザ・バス(TheBus)で行くことができます。

ココヘッドは実際どんな感じなのかをご紹介したいと思います!

ココヘッドクレーター・トレイルってどんなハイキングなの?

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

まずココヘッドクレーター・トレイルはどんなハイキングかというと、場所はハワイカイエリアで1,048段の階段をひたすら登るというシンプルなコース。

戦時中に物資を運んだトロッコの線路が残されていて、それがハイキングコースとなっているのです。

遠くから見ると山の形をしていますが、ダイヤモンドヘッドと同じく火山の噴火によって形成され内側がへこんでいます。

ココヘッドクレーター・トレイルのコース

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

では、ココヘッドクレーター・トレイルを登っていきましょう!

300段辺りまでは角度が緩やかで、体力に自信のない私でも余裕で進めます。

そして500段付近で下がよーく見える橋のような部分がめちゃくちゃ怖かったのですが、2021年にはボランティアによって舗装工事が行われたので安心。

そのあと本格的に辛さを感じてくるのが700段くらいなので、焦らず無理せず自分のペースでいきましょう。本当に辛かったら引き返す勇気も必要です。

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

最後の150段は自分との勝負 笑。一歩一歩ゆっくりでも確実に足を動かします。

すれ違う人と「あとどれくらい?」「もうちょっとだから頑張って!」と言葉を交わすのも励ましになります。

そしてついに最後の1段に!振り返るとこんなに頑張ったんだーとなんとも言えない達成感に包まれます。ここからもう少し歩いて頂上を目指しますよー。

ココヘッドクレーター・トレイルの頂上からの景色

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

この日は太陽が一番てっぺんにいる真昼だったので、頂上は人がまばらです。なぜこんな時間に来たかといえば、どの方向も逆光にならずに写真が撮れるからという理由があったから。

遠くにダイヤモンドヘッドが見えますねー。

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

こちらの景色はハナウマ湾とハワイカイの住宅街。

昔ホームステイをしていたポートロックというエリアも写真に収まっています。

きついけど爽快なココヘッドクレーター・トレイルのコースとバスでの行き方

ココヘッドクレーター・トレイルはトレーニングのために何往復もしている人たちもいます。こっちは1往復するだけでヒーヒー言ってしまうのにすごい…。

帰りにパワーが残っていたら、20分くらいかかりますが、ココマリーナセンターまで歩いて「コナ・ブリューイング・カンパニー」のビールを喉に流し込むのもおすすめですよ!

ココヘッドクレーター・トレイルの場所と行き方

ココヘッドクレーター・トレイル(Koko Head Crater Trail)

【場所】Koko Head Park Rd, Honolulu, Oahu, HI 96825

【ハイキングレベル】 中級者〜上級者向け

【行き方】ワイキキから22番(Sea Life Park行き)のザ・バスでハナウマ湾に入る手前のバス停で下車。山側へ道路を渡ると入り口があり、そこから徒歩約10分。

こちらもオススメ!