見どころ

この木なんの木で有名なモアナルア・ガーデンへザ・バスで行く方法

この木なんの木で有名なモアナルア・ガーデンへザ・バスで行く方法

この木なんの木〜♪で有名なモアナルア・ガーデン。中央にある日立の樹はモンキーポッドといい、実はハワイの樹ではなく原産は中南米になります。ツアーに組み込まれていることも多いのではないでしょうか(私が初めて行ったのもオアフ島内観光ツアーでした)。

モアナルア・ガーデンはモアナルアという地区の高速道路沿いにあって、ワイキキからは遠いものの3番(Salt Lake行き)のThe Busでアクセス可能。ホテルが建ち並ぶクヒオ通りから乗ることはできませんが、コンベンションセンター近くのバス停から乗り換えせずに公園の近くまで行くことができます。ではさっそくバスに乗ってみましょう!

The Busでモアナルア・ガーデンへ。フラのイベントもあります

この木なんの木で有名なモアナルア・ガーデンへザ・バスで行く方法

バス停のあるカピオラニ通りをまっすぐ進み、アラモアナセンターの山側やニール・ブレイズデル・センターを通過したらベレタニア通りへ入ります。ホノルルの中心ダウンタウンを抜けると通称H1、ルナリロ・フリーウェイへ。フリーウェイに入ったら降車の紐を引っ張りましょう(新しいバスは紐からボタンに変わっています)。

日本の方も乗っていることが多いのでタイミングはおそらく大丈夫ですが、心配ならバスに乗った時運転手さんに「モアナルア・ガーデンに行きたい」と伝えると、バス停で教えてくれます。

この木なんの木で有名なモアナルア・ガーデンへザ・バスで行く方法

モンキーポッドは。想像よりも大きくてどっしりとしています!この日立の樹は癒しや心の平穏を与えてくれるのだとか。幹に触れると、気のせいかもしれないけどなんだか落ち着くような…(?)。

この木なんの木で有名なモアナルア・ガーデンへザ・バスで行く方法

全体はこんな感じ。なんてことない公園ですが、のんびりできるスポットで時間があるときに路線バスの旅と称して出かけていました。モンキーポッド以外にもバニヤンツリーやハワイっぽい植物もちらほら。見渡してみるとお弁当(プレートランチかな?)を広げているローカルのファミリーもいて、ピクニックにも最適ですね。

この木なんの木で有名なモアナルア・ガーデンへザ・バスで行く方法

古くは、この土地はカメハメハ王家のものでした。フラの保護に尽力したカメハメハ5世(プリンス・ロット)が幼少時に住んでいたそうで、彼を偲んで毎年7月に「プリンス・ロット・フラ・フェスティバル」というイベントが開催されています。ハワイのファッションやローカルフードのブースが所狭しと並んで、それだけでも楽しめます。ハワイのカルチャーに触れてみたいという方にオススメ。フラの祭典「メリーモナーク・フェスティバル」で賞を取るハラウも出場するんですよ!

モアナルア・ガーデン(Moanalua Garden)

住所
2850-A Moanalua Road, Honolulu, Hawaii 96819
入場料
$3、カマアイナとミリタリーは$1。12歳以下の子どもは無料。
開園時間
7:30〜日没の30分前まで
アクセス
Kapiolani Blvdのコンベンションセンター向かいから3番(Salt Lake行き)のバスで約35分。そこから徒歩約10分。ワイキキ方面のバス停はハイウェイを渡った別の場所になります。
ウェブサイト
www.moanaluagardens.com